独学!集客率の高いホームページを制作するために、だいじな3つ。

 

こんにちは。
経営者や一人社長、講師の方の右腕として活動している名古屋の集客・運営プロデューサーの平野亜希です。

 

本日は、起業に必要の、『自分らしいホームページを制作したいけど、予算を抑えながら集客をしたい!何に気をつけて作成したらいいのか不安』という方向けの記事です。ついでに起業スタート期に鍵となる「検索力(情報収集)」も身につきます。

 

成功する仕組みのひとつになる『もうひとりのあなたになって集客できるホームページを制作』しましょう!

 

私自身、3年前に「自分でホームページを制作しなくてはいけない状況」に追い込まれて、部屋にWifiを設置する、ドメインの取り方もわからないほどの超初心者から立ち上げました。

 

現在では、2法人のホームページ作成代行、管理・運営を任されるまでになりましたので、3年間だいじにしている「3つ」をお届けします。ぜひ、ご活用ください。

 

『初心者が独学のホームページ制作に、だいじな3つ』とは、

  1. 教科書になる「ブログ集客のプロ3人を見つける」
  2. プロたちの情報、ノウハウは「信用度60%ぐらいで信じる」
  3. ホームページの「ターゲット(ペルソナ)」を決める

 

1.教科書になる、ブログ集客のプロ3人を見つけるコツ

だいじな条件は、本名、プロフィール写真やイラスト、会社概要、プライバシーポリシー、特定商取引法などを掲載してること。そして、シンプルでわかりやすい言葉で表現していること。それらをお手本として同じように掲載すると、あなたの発信・ノウハウの信頼性が高くなり、信用信頼を勝ち獲って法人契約もできやすくなります。

 

2.情報、ノウハウは信用度60%ぐらいで見ようねと推奨するワケ

本名で発信していても不完全な人間なので「うっかりミス」があります。鵜呑みしてコピペしてプログラミングを崩してしまうと初心者にとって取り返しがつかなくなります。ブログ集客のプロ3人の情報、ノウハウを総合的に判断して「共通している情報、ノウハウ」を取り入れる。プロ1人だけにどっぷり100%にならないようにしてくださいね。

 

3.ホームページのターゲット(ペルソナ)を決めるのは、とても重要

ターゲット(ペルソナ)が決まると「集客できる導線」が決まり、未来も手に入れやすくなります。ホームページ制作会社に依頼して提案が、華やかで煌びやかなデザインでも、どうしてその動画なのか画像なのか。「どう集客できる導線なのか」を制作会社に質問できます。

 

あなたのサービス、商品が売れるのは、信用信頼を重視するお客さま(個人、法人)を集客してくれる「あなたのホームページ」です。あなたを心から安心させてくれる制作会社であれば、あなたのお客さまも心から安心してくれるようになります。

 

まずは、「あなたが安心できることが重要」です。

 

あなたはどんなホームページに安心しますか?

  • 経験したノウハウが書いてある(「この続きはお申し込みください」がない)
  • お客さまの声がある
  • 守秘義務契約範囲内で交流している写真が掲載されている
  • 本名、プロフィール写真、会社概要、プライバシーポリシー、特定商取引法など業種に関わるすべてが掲載されている
  • ご本人のブログが更新されている(信念、想い、大切にしていることが書いてある)
  • 共感できる文章、読みやすい構成になっている
  • 読者の悩みを解決できる画像、キャッチコピー、サイトのタイトルになっている

 

※でも、ターゲット(ペルソナ)・マーケティングは苦手な方が多いのも事実です。苦手ならこちらのブログはいかがですか。「ペルソナ・マーケティング。できなくても効果を得る方法」。

 

WebもITも、人柄が見えてくる。

ノウハウを惜しみなく公開してる人は、信念がブレてない

私自身が、「ホームページを制作できるようになろう!」と立ち上がったきっかけは、どちらの制作会社も私の「集客できる導線」に応えられなかったからです。見積もりの金額が120万円、80万円、30万円とあり、違和感のある動画や画像の使用、回答には専門用語の乱立で理解不能。私は、心から安心して任せたかっただけ。この気持ちが立ち上がったきっかけでした。

 

「プロに任せれば、その分、私の得意を勉強できると思ったのにな。叶わないなら、自分で制作しちゃおっと!」

 

苦もなく即 取り組んじゃうのが私の強み。すぐに「ホームページで集客できてる人いないかな」と検索。すぐに、ホームページで集客ではなく「ブログ集客が正解」と知りました。「文章か・・・」という苦手意識はありませんでした。2008年からアメーバーブログでドラマや映画のあらすじを書いていたこともありブログも苦と感じない!とハードル越えた先に、私の「好き!」「違和感なし!」に合った人を3人をSNS上で見つけることができました。

 

3人が共通してお勧めしている「初心者なら!WordpressのStork」を1万円超で購入しようとしたら、Xサーバーに加入するとWordpressの立ち上げも、ドメインも特典で0円でラッキーだよ!と書いてあり、先に、Xサーバーに加入。3人を参考にWordpressをゼロから立ち上げました。その後、セキュリティ強化、Wifi有線化。最終的に、初期費用3万円ぐらい投資。

 

立ち上げてから、ちょこちょことメンテナンスしたり、添削や更新するたびに、新しいレイアウトにしたくなったり、専門用語を知ったりしては、すぐに、参考にしている方々のサイトに行って、新しいノウハウを吸収しまくりました。実践と検証がだいじなので、独学で制作したこのホームページと、もうひとつのオフィシャルサイトで即 実行しています。

 

「メディアやSNSは、ターゲット(ペルソナ)に合わせた集客できる導線で制作する」。
この感覚は、会社員の頃にも味わったことを思い出します。人事総務担当なのに当時の会社のホームページの画像を入れ替えるときの担当もさせてもらっていたし、秘書課にいても雑誌やメディアの構図や校正に関わったり、ホームページソフトの講座に参加させてもらって、責任者や経営者たちにOK!をもらえる達成感と、来客数、売上アップへの貢献の感動を味わったなって。

 

3年経った今でも、達成感と感動は同じです。
アクセス解析やクリック箇所、各ページ分析をして改善提案や、2法人のホームページの管理、運営を任されるまでになりました。私のホームページ制作基準は、『集客、申し込みの導線をしてくださるお客さまの感情をだいじにしたホームページ』です。

 

クライアントおひとりおひとりの話しをお聴きしていると「らしいホームページ」制作で表現すると集客にもつながりやすくなります。動画、画像をふんだんに盛り込んだ華やかなホームページを制作する機会に出会ったことはありません(そういう方と惹き合わないのだと思います)。

 

ホームページ完成後にあったほうがいいスキル

ホームページで集客できるようになると、申し込みにつながるので、交渉術や営業術もだいじになります。※詳しくは、こちらのブログに書いてあります「つけ込んでくる人を追い出す方法

 

独自のドメインを取得したら、信頼につながることをしてほしい

ドメインで作ってほしいメールアドレスは、

  1. あなた専用のメールアドレス
  2. お問い合わせ専用のメールアドレス

 

たとえば、ドメイン(@akihirano.com)の@の前に「info」「contact」でメールアドレスも作って、パソコンのoutlookなどに設定しましょ。設定方法も難しく感じるかもしれませんが、検索するとあっという間に出てきます(あなたのパソコン名、outlookなどのメール名、メール設定で検索してみてくださいね)。

 

ドメインでメールアドレスを設定するのは、超必須です。法人は、「独自のドメイン=信用信頼」につながりやすいから。※詳しくは、こちらのブログに書いてあります「信頼が重要なビジネスで、yahooメールやgmailを使用している人は選ばれない理由

 

アメブロ、FC2、ペライチを利用する際の注意点

アメーバーブログなどの運営会社に主導権を握られると思ってくださいね。主導権を握られている場合は、相手次第で「アカウント削除」というのもあり得ます。それまで書いていたブログも一瞬で消えます。

 

WordpressもGoogleに嫌われたら「サイト閉鎖」になりますからご注意くださいね。嫌われる理由は、無茶苦茶な情報や得体の知れないサイトと判断されたらなので、WebやITのリテラシー(通称「運営者さんサ、人としてどういうサイトにしてるの?ダメでしょ」)違反に認定されなきゃいいので、やっぱり、WebもITも「信用信頼の時代」になってきたってことですね。

 

完成したら、読者の「感情」も視える化しましょ

Analytics、サーチコンソール、アクセス解析を導入して、SNSとつなげて「お申し込み率アップ」を目指してくださいね。読者は、どこから訪問しているのか。お申し込みにつながっているのか。SNS、メディアから来ているのか、本当に人気のある記事なのか、何度発信すると効果的なのか。

 

※初心者がAnalyticsを設定するならプロを見つけましょう。検索力は重要です。ちなみに私は、「初心者 アナリティクス 設定方法 教科書 保存版」で調べました。

 

いいね!やアクセス数ではないのです。表面に見える数字ではなく、真の数値をいかに視える化するかです。視える化すると理想のお客さまに出会えますからね。

 

ホームページは、「理想のお客さまに出会い、お申し込みいただくためのツール」です。なめられたくない、値踏みされたくない、値切りされたくない!からとデザイン重要もわかりますが、それなら、やはり「交渉術、営業力」です。身の丈に合ったホームページを制作し、少しずつ手を加えていると、その姿を「成長している」と認めてもらえて、お申し込みにつながりやすいです。

 

ホームページの制作会社が作っても、あなたに必要なスキルは、同じ

ホームページ運営はだいじです。ちょこちょこホームページを添削、更新していると読者やお客さまに「ホームページへの愛」が伝わります。愛のある人と伝わると安心に感じてくださる。

 

だから、導線に沿った集客と素人でも管理しやすいシンプルな運営にすればいいです。シンプルな運営とは、「あなたが楽しく触れる」が基準です。集客も運営も「仕組み、構築」ですね。

 

いくら集客できても、実際に「会う人」に対して、傾聴力、交渉術や営業術、プレゼン力、情報収集力(検索力)がないと痛い目に遭いやすくなります。あなた自身も、あなたのお客さまも守るためには必要なスキルです。これらのスキルは、ホームページを制作会社に作ってもらっても同じです。

 

そのために、いかにご本人の話しを聴いて、率直なアドバイスをさせてもらえる信頼関係を築けるか。普段からの、わかりやすくシンプルに伝えられるトレーニングの積み重ねですね。ホームページ制作でも、「押しつけは、ダメ」です。プロには「言うは易しの責任(初心者が理解できる話し方)」と「聴く力」が必須です。インプットばかりではなく、いかに経験しているか、です。

 

本日の記事が、あなたの「起業してお客さまを喜ばせたい!幸せにするホームページを制作したい!」をぜひ叶えるエールになればと思います。

 

 

※ホームページ制作に関するご参考記事はこちら。