プロフィール

華やかな人脈も、輝かしい学歴も資格もなし、そして、商品もゼロで起業しました。

はじめまして。
数多くあるサイトの中から、平野亜希オフィシャルサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

 

私は、2017年1月、従業員ゼロ、運営資金わずか、商品ゼロ、人脈ゼロ、個人事業主という状況でスタートしました。

 

独立1年目の仕事は、研修会社などからの下請けや孫請けが中心。

 

収入も会社員時代よりホンの少し多いだけ。
研修やセミナーの受講生さんや学生さんの不安や未来より、流れ作業のような運営や進行を求められる毎日。
好きな仕事のはずなのに、大きくなる違和感や不安。

 

そんな毎日を過ごし、同年8月、「起業とは何か」「どう成功し続けたいのか」に向き合い、下請けや孫請けではない「真の起業」を目指し、再スタートしました。

 

会社員時代から立場で得た得意な、研究・リサーチ・分析・戦略や戦術に、女性ならではの感情やおもてなしスキル、趣味の書くことやWeb構築・運営、男性思考や行動心理を理解する特技を併せて活用。「お客さまの期待以上」を満点とする集客・運営プロデュース業務を開始。

 

各専門の講師をお招きし、大阪と名古屋で3イベントをプロデュース。満席、短期間集客を達成。
独立2年目の2018年下半期には、イベントプロデュースの活動が目に留まった2法人との事業プロデュース契約を締結。

 

さらに、独自の書き方と話し方の指導法、観察力を活かした、「あなたを選びたくなる方法」を提供するコンサルティングも実施(個人向け)。

 

経営者や起業家・ライター・就職活動中の大学生にご利用いただいた結果、副業で月収1万円以上、年商1,000万円以上、既存講座の有料化、リピーター獲得、満席集客、新規顧客・新規取引先獲得、第1希望の企業の内定獲得の目標達成に貢献。

 

同時に、私は、独立2年目の2018年下半期に集客・運営プロデューサーとして下請けや孫請けではない「真の起業」で月商100万円以上を叶えました。

 

気軽に参加できるイベントと交流会を開催するため、信念や想いを共有し合える法人さまとコラボし、実施。
リピーターと新規の方々がご参加。イベント中のマンツーマンのプチ相談も好評をいただき、ありがたいことに毎回満席をいただきました。

 

性別や弱みを強みに変える独自の気づき法、描いた未来へ導きながら自発性や自主性が湧いてくる独自のコーチング法を実践し、未来と結果を手に入れ続けていただくことを信念に活動しています。

 

2019年は、好きな時間と環境で好きなことをしながら活動しています。


名古屋出身、名古屋在住です。
名古屋をこよなく愛してます。
・・・って海外の写真ですが。笑

 

あらためまして。

商いが難しいと言われている名古屋で、集客・運営プロデューサーとして活動している 平野亜希です。

 

2017年1月に起業し、2019年には、法人クライアントとコンサル生に囲まれ、『ファンに安心と感動を売って、ファンの目標を勝ち獲ったドヤ顔が大好きヲタク道』という、好きな時間と環境で好きなことをしながら活動が叶いました。

 

私はキレイごとを言えないし、コミュニケーションも下手です。
そんな私でも、人とお金に導いてもらっていると思います。
こんなにはっきり言えるのは、それだけ、妬みややっかみも味方できる強さがあるからです。

 

でも、最初から強いわけではありませんでした。
私ができるようになったのは、他者との比較から私自身の中に生まれた妬みややっかみのブラックな感情に向き合ったことがきっかけです。

 

向き合ったことで、コンプレックスを活かした方法を軸に道も手段も迷うことなく選べるようになり、ひとつひとつの小さな成功を経験できました。

 

最初のきっかけは、高校2年生のときです。
私の憧れを次々に手に入れていく同級生に嫉妬していた私に担任の先生が放った言葉です。

 

「批判をするなら、その人のことを知ってから批判しなさい。」

 

先生の言葉を通して、その後、経験を通して抱く感情を大切にしながら、「私が私に期待しよう」と行動に移す歩みができるようになり始めました。

 

期待をすると限界がなくなる。
限界がなくなると次々と興味が湧き、知識が手に入り、結果、目標が手に入る経験をしました。

 

たとえば、当時、オープンキャンパスで憧れた地元の短期大学の秘書専攻に推薦入学し、地方銀行に推薦入行することができました。

 

そして、銀行では、お金が人を操る怖さを目の当たりにしました。

 

融資では、50代や60代の男性経営者が20代前半の新人に頭を下げる。
預金では、上司と先輩が招いたトラブルに巻き込まれ、新人という立場で責任を負わされる。

 

人とお金そして立場の怖さを経験し、実績のない私は、「目の前の仕事ひとつひとつを丁寧に誠実に扱い続ければ、未来の自分を助ける」をコツコツと実践しながら、独学でお金にまつわる法律、経済、外資保険や外貨も学びました。

 

さらに、プライベートでの大失恋で、私は男性思考や男性行動心理を徹底的に勉強しました。
結果、25歳の転職先での仕事を通して、経営陣に信頼され内密な仕事を指名されるまでになっていきます。

 

その転職先では、経理課から社長室室長秘書に正式配属になり、その後、経営者や経営幹部の秘書を兼務し、一流の考え方や景色、人とお金を引き寄せる方法をたくさん観たり、経験することができました。

 

私が私に期待するだけで、こんなにいろんな景色を観ることができる。知ることができる。人付き合いが下手でも仕事に真摯に向き合い続ければ、観ている人が、ご縁もお金も運んでくれる。

 

さらに私は人生を楽しみまくります。

 

「担当者に電話を回す」の違和感を私らしい言葉の「電話をおつなぎします」に変えました。
すると、27歳から、給与、賞与という他者の目に触れない方法で評価してもらえましたが、一部の先輩・同僚の妬みややっかみを生み、標的にされることもありました。

 

でも、この頃には、怯むこともなく精進できるようになっていました。

 

その後、秘書だけでなく、社員研修のアシスタント・教材作成のメンバーを経験し、新店舗開店サポートリーダーを指名され、社員研修、労務、レセプションのリーダーまで経験するまでになりました。

 

そして、30代になり、離婚後の就職先で、管理本部の責任者も経験できました。

 

最愛の祖父や大切な人が亡くなる経験、そして、私自身も死と向き合う経験をして、命の尊さ、人生の尊さ、私自身の尊さを強く感じました。

 

その上、責任者という役割を通して感じたこと、観た景色を通して、残りの人生をどう生きるかと問い、「知識は愛であり光であり、未来を見通すチカラになる」「準備が本番を制す」を胸に、「私に託してくれる人たちを幸せにしたいという想いを貫きたい」と独立ができました。

 

しかし、2017年の独立直後に請け負っていた講師業でも、運営方法・報酬・テキスト・あり方など、信念を貫けない出来事が続き、さらに気づきました。

 

雇用形態が変わっただけ。
会社員時代の考え方や常識が私を支配している。
私は何のために独立したのだろう。

 

「もう一度、私に期待しよう。」

 

信念と経験を通して培った感覚や感性を貫こうと決断し、2017年8月、すべての人から距離を置き、随時、下請けの契約終了を申し出て、真の起業である集客・運営プロデューサーときどき講師の活動を追加し、再スタートしました。

 

まず、イベントプロデュース活動をはじめました。その後、コンサルティング業もスタートし、下請けの契約もひとつひとつ終了しつつ、2018年、私と直接契約をしたいという現在の法人クライアントさまと出会うことが続きました。

 

こうして、開業届を提出して1年 8ヶ月、再スタートをして1年後、私が目指した「真の起業」のひとつ目のゴールを達成し、次のステージのスタートラインに立てることができました。

 


2019年は、
日本文化や歴史と、
豊かな環境を嗜む旅に出掛けています。

 

本当の起業をしたからこそ、あの頃、大切にしたかった想いをカタチにすることができています。

プロデューサーとかっこよく横文字を並べて名乗っていますが、クライアントから、「亜希さん、これできる?」とご相談をいただき、「はい、できます。これもどうですか?」と丁寧に、本音で質問をし期待以上に応えるを続けているだけです。もちろん、ご相談に応えられない場合も同じです。

 

応えて、その先の景色を観せればいい。
応えられないなら、その先の景色を観せればいい。

 

クライアントの苦手な分野を代理でサポートすることが多いです。
たとえば、マネジメントもしますし、ホームページも制作するし、講師も務めるし、そして、解決できないご相談なら私が信頼している別分野のプロをご紹介するだけです。

 

私に相談しているクライアントが幸せにしたいと思うお客さまを感動で包み、そして、クライアントにはしっかり稼いでもらう、という使命。

 

「どう幸せにしたいのか。」
「どう幸せになりたいのか。」

 

これは、“クライアントとお客さまとの契約”を軸に考えると良く分かります。

  • この人は、契約までに何をしたいのか。
  • この人は、契約がスタートしたら何をしたいのか。
  • この人は、目標が手に入ったら何をしたいのか。

 

私が、大切にしているのは、クライアントのお客さまが置かれている立場での感情です。
だから、クライアントに心を添えて「共有してほしい」と声に出して、訊くこと、応えること、観せること。
短所を長所に変え、長所を短所に変え、伝える。そして、代替も用意する。

 

たとえば、契約締結がゴールになっていると、契約締結後にスタートするお客さまのすべてが観えなくなり、お客さまの未来も観えなくなるからです。

 

だから、クライアントにとってのお客さまの視点、感情をクライアントに伝えます。
お客さまが目にするクライアントの媒体に載せます。

 

ひとつひとつを丁寧に応える。
スピーディに応える。
誠実に応える。
的確に応える。

 

観えないことを「観えるカタチ」にすること。
そして、キレイ事は、一切、必要ありません。

 

たとえば、ホームページ制作。

 

私はホームページ制作の実績も経験もありませんでした。
でも、今は、制作できますし、私が大切にしていることを盛り込めるようになりました。

 

ホームページ制作の専門屋さんに依頼すれば、動画があったり、立派な画像が入っている、かっこいいホームページが出来上がってくると期待する。
そうすると、集客できると期待するのが一般的です。

 

私も独立直前には外注しようと、何社へも見積前打合せに足を運びました。
そして、たくさん話しを聞かされました
120万円、80万円、30万円。
制作料金がピンキリでしたが、どう集客でき、どう運営していくかという未来を観せてくれるプロはどこにもいませんでした。

 

私の話しを訊かずに、どんな未来が創れるんだろう。
こんなに料金を払ってどれだけ取り戻せるんだろう。
この不安はどうして安心やエネルギーやエールにならないんだろう。

 

この経験をしたことで、私のホームページ制作観ができ、すぐ行動に移せました。

 

まず、取り掛かったのは、訪問者の悩みを代弁できる文章力と、解決策を伝える構成力を得るために文章に関する書籍を読み漁りました。想像力と創造力を伸ばすために交流会に参加しました。そして、トレーニングするためにブログを書き、SNS配信をスタートしました。

 

同時に、ホームページの知識を学ぶことと経験するために、このホームページ制作をスタートしました。

 

書籍を読み漁り、トレーニングに移す。
下請けの講師業と、覚悟をした再スタートのモチベーションを保ち続ける日々は、ほとんどがくじかれていました。

 

しかし、現在まで進むことができたのは、毎日の経験で得た私の感情をすべて未来につなげたからです。

 

ホームページ自主制作の経験を通し、「24時間365日あなたの代わりに営業してくれるホームページにするために、あなたの熱い想いを信念を共有してもらうために、徹底して想いや話しを聴かせてもらう」が生まれ、未来につながりました。

 

そうです。
未経験者だった私がホームページ制作・運営を有料サービス化することができたのです。

 

かっこよくて立派なホームページを観てあなたを信頼できるのか?
躊躇させてしまわないか?
お客さまがあなたに出会って、さらに信頼されるのか?
がっかりさせてしまわないか?
お客さまを忘れていないか?

 

SEOと非SEOをどのように活用し、訪問者の悩みに寄り添うのか。
SEOと非SEOをどのように活用し、クライアントの想いに寄り添うのか。
SEOと非SEOに愛されるようになるためには。

 

そして、私自身もクライアントからの投げかけに即 行動で応えます。
修正なら可能な限り即日で対応しますし、操作できるように養成もしますし、もちろん、管理権も共有しています。

 

「ホームページもあなた同様、等身大の外見でいい、あなたの自信ある商品が売りだから」と貫けることができました。

 

これは、一般的には揶揄するときに使われやすい「真面目」という私の強みの「リサーチ、分析、コツコツと学ぶこと・続けること」が未来に導いてくれた瞬間でもありました。

 

私のホームページは、かっこよくて立派ではありませんが、誇りです。

 

だから、あなたの自信ある商品の良さを一番知っているあなたから話しを訊くことを大切なのです。

 

出会いたいお客さまにちゃんと届くように、お客さまの悩みや感情にあなたがどう寄り添ってどう解決できるのか、をホームページのレイアウトにも、文章にも、商品説明にもあなたの想いを載せることができるからです。

 

そのために、あなたに必要なのは、勇気と継続です。

 

伝えてもらうことで、私は、あなたの良さに、強みに、弱みに気づき、さらに伝えることができる。
お客さまに届くまで続ける継続と、届いてからも続ける継続です。

 

だからこそ、まずはじめに、私に伝えることを惜しんではダメなのです。
それは、お客さまに手抜きをすることと同じだからです。

 

制作できるようになってからは、訪問者に安心安全を提供すること、信頼できる人間であると知ってもらうために、あなたとプロデューサーの私の責任と義務であるプライバシーポリシーや会社情報、特定商取引法に基づく表記なども掲載することも貫けています。


クライアントにお見せする未来図は、
何枚ものA4用紙に描いて広げて、
何度も確認して、制作しています。
超アナログです。

 

ホームページを通して、訪問者に伝えることを惜しんではダメということ。
そのとき、そのときの、あなたを観せるホームページの使命です。

 

等身大のあなたの熱い想い。
未来のあなたの熱い想い。
あなたの信念を伝える。
伝え続ける。

 

だから、「私に話して欲しい」とお願いをします。
だから、私も、本音を伝えています。

 

あなたの熱い想い、あなたの信念、あなたの経験、あなたの商品の良さ、クオリティにこだわる信念・・・、私があなたをもっと知ることにもつながる。そして、プラスもネガディブな感情も、そして、ブラックな感情も話してほしい。見栄や嘘は要らない。

 

すべてのことには、メリットがあればデメリットがある。そう、二面性があるから、効果があればリスクもある。ビジネスは、これらを伝える責任があり、それが誠実に、信用に、信頼につながると思っているから。

 

想いを共有して、もうひとりのあなたを作り上げる。その上で、24時間365日営業してもらう。そうすれば、あなたが出会いたい人と出会える。そういうホームページが作れる。そして、資産になる権利も、もちろん、すべてあなたに設定します。

 

だから、私に丸投げしてくる人は、お断りしています。
私にお願いすれば、ラクして儲かると思う人は、お断りしています。
私にお願いすれば、ラクして目標が手に入ると思う人は、お断りしています。

 

だから、一緒にビジネスをしたくない条件も設定しています。
一緒にビジネスをしたい方との時間を優先にするためです。

 

だからこそ、お引き受けすると決めたら、任せると決めていただいたら、目標以上の、期待以上の結果を出す。
話していただけるためには、信頼できる人だと思ってもらえるように、行動と結果で観せる。

こんな私だから、表舞台に出ている方々から、嬉しいことも共有してくださるようになりました。

 

「亜希さん、こういうことがあって悔しかったんだけど、どうしたらいい?」とネガティブな感情やブラックな感情が露になるご相談をいただけるようになった。

 

それって、すごい勇気。かっこいい。
だから、私は、すべてを引き受けて、解決策をいくつか提示するだけ。その先の未来も。

 

たとえ、相手が経営者でも、凄い人でも本音で伝える。

 

私を頼ってくださったから。
だから、私は、言うは易しの責任を信念にし、具体的に具現化で相手に合った方法で丁寧に細かく何度も伝えることを選ぶ。都合のいいことは誰でも話せる。時間がかかっても伝えなければいけないことがあるのです。

 

伝えることを惜しまないからこそ、相手が理解できるように、言う側の私が引き出しを増やさなくてはいけない責任があります。伝え方、書き方、在り方、所作、メンタルなどのトレーニングし続けなくてはいけない。

 

私に相談してくださる方の人生を私が選択するのではないのです。
選択肢をたくさん用意し、未来を観せ、伝える。
観せた未来に勇気を持って、継続を持って、歩めるように心の伴走者であることが私の使命です。

 

そして、笑顔の多い幸せにできてる。
カタチにできている。
応えられている。

 

その方たちが、たまたま経営者や起業家という表舞台に立つ方が多いだけです。

 

表向きは、集客・運営プロデューサーとか名乗っていますが、相談相手にもなるし、一緒に解決するパートナーにもなるし、企画や運営、マネジメントサポートもしています。

 

軽快で豪快で好奇心旺盛でVIPとの関わり方や経験をさせていただいた秘書時代の経験が役に立つときもありますし、銀行員時代のお金へのあり方が役に立つときもありますし、理解いただくためにブランディング戦略プロデューサー、パーソナルプロデューサー、経営コンサルタントなど名乗ることもあります。すべて共通して言えるのは、肩書きより私を観ていただけることが多くなったということです。

 

関わっている方の立場によって、ビジネスネームでの活動も多くなり、実績を公開・公表できないことも多いです。
それは、商品やサービスを手にするお客さまを一番に考えるからこそです。

 

公開や公表しなくてもいいと思えるのは、私には、自信を持って幸せにできているという実感が持てる、お客さまからのラブレターとクライアントからのラブレターをいただくからです。

 

私は、この人たちの笑顔を観て居たい。
愛する人の笑顔を観て居たい。
幸せにしたい。

 

その気持ちを観えるカタチにして、心を添えて応えているだけです。

 

だから、私は、私を観てくれる人と会う。合う。

 

華やかな人脈がなくても、輝かしい学歴も資格もなくても、商品ゼロで起業しても、ここまで来れたのは、私が私に期待したからです。
つまり、満足していないからです。
性別も身長も体重も与えられたモノならば、時間も勇気も公平です。
では、どう捉え、どう活用していくのか。

 

足りないと思ったことは勉強し、経験をする。
そして、経験を通して吸収した、新たな経験をすべて伝える。
これらは、いつかの私のような人がご自身のチカラで目標を勝ち獲る自発性、そして気づきを与えられるように、すべてを伝授しています。

 

知識は愛であり光であり、未来を見通すチカラ」という使命のひとつです。


2019年は旅行しながらビジネスができています。
便利なツールが増えましたね。
すぐ、つながることができる。

 

※ホームページ制作は、覚悟の起業プロデュースでのみお引き受けしているサービスです。(2019.1.31現在 制作実績 法人2社、個人1名様)

 

 

だから、見極めるために、していること。

見極めるためにしていることは、たった1つです。

 

この、たった1つが、一般常識は「長所」と思われることが、視点・軸を変えると「短所」になり、「真の姿」になるのです。つまり、「短所」と思われることは「真の強み」になる。

 

たとえば、
「あなたが目指す感謝は、どのような感謝なのか」。
「あなたが目指す感動は、どのような感動なのか」。

 

感謝や感動をたくさん集めることも素晴らしいことだと思います。

 

だからこそ。
だからこそ、です。

 

どれだけの感謝以上に、どのような感謝を提供したいのか。

 

これは、先駆者のたくさんの教えもあてはめることができます。

 

どれだけの感動以上に、どのような感動を提供したいのか。

 

つまり、あなたが提供できる感謝、感動の想いは、どのようなクオリティなのか。

 

これで、未来が観えるのです。

 

だから、あなたの話しを徹底的に聴きます。

 

それから、訊きたり、あなたを徹底的にリサーチします。
あなたを知ってから、未来が観られるからです。

 

だから、稼ぎたいとか下心で近づいてきても、私はあなたの未来を観られないから、なびかないし、媚びることもしない。お互いの時間がもったいないんです。だから、来ないでください。

 

私は、サポートしたい想いを明確にしています。

私がお引き受けしているのは、プロデュースでは経営者や起業家ですが、コンサルティングには、女性、学生が多く、ライターも一定数いらっしゃいます。

 

相談が本気だから料金を支払のが当たり前の方もいらっしゃれば、本気でも支払えない方もいるので、法人クライアントを巻き込んで、リーズナブルで参加できる方法や無料で閲覧できる方法を企画したり、開催しています。

 

でも。
払えない、参加できないなら、あなたも本気を行動にすることが必要です。

 

私はプロデューサーだからこそ言いますが、他力本願はダメです。
私も信念のひとつですが、師と仰ぐプロデューサーやコンサルタントの言いなりになってはダメなのです。あなたがあなたでなくなってしまうきっかけになるから。奴隷や依存はダメなのです。

 

お金がないなら、情報社会の現代らしくWeb上にある無料の情報で信じられる!と思えるなら、その無料の情報の価格を100万円にして支払ったつもりで学んで行動してみてください。そうすると、100万円手に入ります。

 

私は、この方法で100万円を手に入れてきました。

だから、ラクして稼ぎたいなら、私に問い合わせないでください。
信念を変えないために変われない人も来ないでください。
私に丸投げしてくる人は、お断りしています。
私にお願いすれば、ラクして儲かると思う人も、お断りしています。
私にお願いすれば、ラクして目標が手に入ると思う人も、です。

 

そして、もうひとつ。

 

私は、熱い想いや心を奪おうとする人に出会いたくない。

 

私がホームページが制作できるようになったのも、守りたい想いや人がいるから。
私がブログを書き続けるのも同じです。

 

このように語っていますが、私もたくさん傷ついて悔しい想いをしました。

 

会社員時代には、性別と立場で抑え込まれるなどパワハラを受けました。開業直後にも、同じ理由で、報酬・テキスト・あり方など、理不尽なことも受けました。

 

でも、覚悟ができると変化が起こりました。

 

起業再スタート直後、私自身のホームページを制作していた担当者にパワハラをされました。だから、支払を拒否すると、管理権を握られたままWeb上に残されっぱなしにされました(今も、Web上に残ってます。笑)が証拠を並べ、距離を置いていただくことができました。

 

また、あるときは、私が製作したテキストを搾取されたり、契約金や報酬を横取りされたり、立場や雇用契約を盾に欠勤講師の代替もやらされ疲弊する登壇を連日こなすこともありましたが、早期契約終了を申し出ることができました。

 

覚悟ができると最優先に取り組むのは、環境を整えることだと気づくことができたのです。結果、私のモチベーションが高い状態で居られることができました。

 

そして、このようなことする人の特徴も分かっているので、現在では、私が行っている対策をクライアントやコンサル生(特に女性)にも詳しくアドバイス(対策や解決策)ができるまでになりました。

 

なぜ、詳しく解決策までアドバイスできるのか。

 

それは、私が、過去に、秘書・人事(採用・教育・労務)・銀行で学んだ法律や経験があるからです。もっと重要なのは、心を持っている人間だからこそ信用や信頼にこだわったからです。すると私をとりまく意識がさらに変化していきました。

 

たとえば、現在の私の肩書きである「プロデューサー」。
プロデューサーは師や上に立ちやすいです。だからこそ、「立場による言うは易しの責任」を軸にすることが重要なのです。

 

どれだけ引き出しを持つか。多視点で立ち位置を変えられるか。関係者全員の感情を感じられるか。忍耐強く見守れるか。

 

キレイごとを言わなければ、プロデューサーは、いかに、クライアントに稼いでもらうかしかないと思っています。

 

想いを貫くために、私が誰とどのように関わって居たいのか、そのために知識と技術をもっと増やす!想いを貫く!と、決めたきっかけになった出来事は未来を創ってくれます。

 

ただ、私を傷つけた人たちに感謝はしていません。
パワハラをしたり、騙したり、搾取する行為は、立派な罪です。

 

今回、プロフィールを書くことで思い出しました。
でも、普段は、思考回路が忘れるようになりました

 

そうです。
私が私の居心地良いことを優先していると楽しい時間が増えるし、忘れる時間も増えるようになったのです。
違和感を感じた際は、相手の本性を見極める質問をしたり観察して判断し、楽しい時間を増せるようになりました。

 

幸せになるために伝える。
幸せだから忘れられる。

 

味わった出来事や感情、こういう人たちの行動心理学をさらに学ぶ。

 

そして、徹底的に、WebやITの技術や知識を学ぶ。
そうすると、笑顔につながる。

 

足りないことは日々の出来事で気づける。
そして、今は、クライアントのご相談にお役に立てている。
全部、ブログで伝え続けていられる。

 

だから、盗られたお金の額面分は、キレイな人たちの手を渡って、私の手元に入ってくる。

 

こういうことができるのも、私は私を信じているから。
だから、私を信じてくれる人と出会えてる。

 

私は信頼し合える関係になれること、そして、その先を目指し合えてる人とビジネスをしている。

 

そして、現実で私に出会ってくれた方々が、背中を押して欲しくなったり、心に心を添えて欲しくなって、私を思い出したとき、読んでエールが送れるならと思えば、ブログを書き続ける意義が生まれる。

 

愛している人たちと話しながら、未来図や事業ビジョンを描き合いながら、私ができることがあって、必要なら書いて渡してるし、プロデュースしていられている。

 

今の時代は、ホームページ、Web、IT構築、SNS、書籍、媒体、メディア、文章、構成力、そして感情、すべてにあてはまるブランディング、戦略、マーケティング。その知識を増やす。活かすことができる環境があふれているからできる。

 

私は、愛する人のために働く私が好きで、このまま、好きな私で居られるために時間も使いたいし、心を遣い続けて居たい。

 

全部のスタート地点も、ゴール地点も、人がいる。あなたが届けたい相手が心を持った人なら、私のように、ブログで伝えていれば、出会える。手に入りますよ。

 

どうか、あなたもあなた自身を強く信じて、楽しく、行動してみてほしいです。

 

じゃあ、私は、どのような活動実績につながっているのか。
それは、こちらのページでお届けしています。
よろしければ、ご覧ください(平野亜希の活動実績)。

もうひとつの想いも叶えました。

会社員時代の2011年から続けている活動があります。
起業再スタートのときに掲げた目標が2018年に叶いました。

 

2018年、寄付を営業利益の1%に増額することができ、母親がいる子どものサポートも可能になりました(医療支援のチャイルドドクター制度

 

孤児の成長を現地スタッフとしか分かち合えませんでしたが、母親がいる子どもたちもサポートすることできるようになってからは、メールを通して、母親たちとの交流も増えました。同じ女性である母親との心の交流も増え、私の目標が少しずつですが叶っています。

 

 

2019年は、愛するクライアントたちのプロデュースに、さらに愛を込めて、時間を使いまくります。

・・・ということで、私は、手に入れたこの好きな世界でもっともっと活動します。

 

つまり、キラキラした華やかな表舞台に私が立つのではなく、愛する人たちが活躍したい環境をサポートし続けます

 

これは、私の理想のプロデューサーの世界。
それが、SNSなのか、Webなのか、ITなのか、直接会うことなのか。

 

凄い人たちの想いや悩みを聴いて、感情をカタチにして叶え、前向きに行動できる環境を創れる立場

 

最高の立場です。
私は、目の前の愛する人たちを幸せにする、プロデューサーを極めていきます。

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

・お問い合わせは、こちら
・活動実績は、こちら
・サービス一覧は、こちら

 


私って、こんなことが大好きです。

 


ここまで読み進めてくださいましたが、私の会社員時代から起業までの経歴です。

会社員時代から起業までの経歴。

商業高校卒業後、短期大学秘書専攻に入学。
卒業後、地方銀行に入行し、融資、預金後方を担当。

 

アミューズメント・飲食店の本部に転職。
経理課に配属後、入社1ヶ月で、社長室室長の秘書に着任。

 

社長秘書の退職を機に、社長秘書や取締役などの秘書を兼務。
独特の感性(「お電話をおつなぎします」)を使いまくって、経営者、取引先、お客さまにファンをどんどん作りまくっちゃってお仕事をご依頼されまくられちゃう。

 

新規事業部門の営業サポートリーダーとして抜擢。社長や役員秘書と兼務。
トラブルなどに臨機応変に応対し、開店にこぎつける。
レセプションパーティは、お客さまの目線に沿った軸を活かし、新店舗オープンに貢献。
ここでも、経営者、取引先、お客さまにファンをどんどん作りまくっちゃってお仕事をご依頼されまくられちゃう。

 

結婚を機に退職し、夫の経営サポート。
離婚を機に製造メーカー業、金融商品販売代理店に転職。

 

人事採用教育(書類選考官~最終面接官、研修講師)、労務(財務、予算管理、労務管理)、給与(給与・勤怠データ管理データーベース作成、給与計算、銀行取引管理)を経験。その後、管理本部の管理職も経験。

 

そして2017年1月、起業。

・活動実績は、こちら
・サービス一覧は、こちら


ときどき、真の契約締結で大好きな講師業もできるようになってきました。

 


お問い合わせ

お問い合わせは、以下のフォームよりお願いいたします。

 

※24時間以上経っても届かない場合は、自動返信でお知らせする連絡先にご連絡ください。また、迷惑メールに振り分けられている場合がございますので、迷惑フォルダーのご確認もお願いいたします。