プロフィール

 


平野亜希(ひらのあき)
アッシュプランニング 代表(個人事業主)
Facebookはこちら

 


経歴

短期大学秘書専攻を卒業後、銀行に入行。

 

その後、アミューズメント・飲食店の本部に転職。
経理課を経験後、入社1ヶ月で、役員秘書に着任。

 

社長・社長室室長・取締役を兼務中に、新規事業取締役部長に、新規事業部営業支援リーダーとレセプションパーティ運営リーダーとして抜擢。

 

トラブルなどに臨機応変に応対し、開店にこぎつける。レセプションパーティは、お客さまの目線に沿った軸を活かし、新店舗オープンに貢献。

 

その後、
・雑誌の撮影など立会い、照明やメイク・校正
・社員教育、接遇・マナー研修アシスタントを経験
・ファンを作るクレーム応対や電話応対を経験
・ブライダルプランナーも経験(複数のレストラン)

 

その後、製造・メーカー業界の企業に社長秘書・人事採用教育を担当として入社。経営陣、従業員、人事の三方よしの教材を完成。さらに、研修を企画・運営し、主担当の研修講師の1人としても活動の傍ら、応募書類の選考員・一次面接官・最終面接官も経験。日本語の大切さ、従業員の意識・行動改革の重要性を学ぶ。

 

その後、金融商品取扱代理店の管理本部の課長として転職。人事採用業務全般・労務、店舗運営支援を担当しシステムを構築し管理本部の業務を安定させ、マネーセミナー講師と金融商品取扱店店長を兼務し、事業拡大に貢献。

 

その後、これまでの出会いの中で導かれて培った長年の経験とキャリアを強みにし独立。

 

独立1年目には、官公庁様の内定を勝ち取る就活セミナー、代替の有無で違うクレーム応対セミナー、企業様の新入社員研修やすでに開催されている研修の改善行い、講師として登壇。

 

この頃、企業様では新入社員や入社5年目までの若手を中心にしたキャリアアドバイザーとして活動スタート。

 

これまでの研修の運営について、お客様が体験する結果にこだわった運営プロデュース事業をさらに見直しに着手し、開業届を提出(起業)。

 

お金の知識・運用方法、人事労務・採用・社員研修、キャリアアドバイザーの経験を活かした、『お金・人・人生を取り入れたの独自の社員研修』を構築し、自治体様、企業様、学校法人様、ビジネス専門学校様、就職支援訓練学校様などに提供し開講。

 

さらに、私自身の独立までの準備資金、独立後の軌道に乗るまでの資金運用方法などを起業家を目指す方々に向けたマネーセミナーとして提供。また、パーソナルプロデューサーとして3ヶ月以上かけておひとりおひとりの価値を高めるブランドを確立するサービスも提供中。

 

学校法人様で「内定を勝ち取るセミナー、講座」「キャリアアドバイザー」で学年が異なる学生さんを担当。特に、就活中の未内定学生さんを担当し、卒業前日までに90%以上の学生さんが第1希望の内定を勝ち取る。

 

同時に、学生さん向けの集客や告知方法などの仕組みを構築し、実施。結果、学生さんが就職支援部門を利用することなど貢献。口コミで広まり指名され満席が続く。

 

学校法人様では、他のアドバイザーも活躍できるよう仕組みを再構築を実施。学生さんにトレーニングを継続する力に繋げる。2018年度の担当学生さんたちが就職解禁後2ヶ月で第1希望の企業の内定を獲得達成。

 

企業様では相談者様の年齢を広げてキャリアアドバイザーとして引き続き従事。

 

学校法人様に必要な「自己分析や業界研究が30分で分かる方法」や「1回の受講で分かる!グループディスカッション・集団面接のコツ」などを開講し、引き続き、学生さんが就職支援部門を利用する仕組みづくりに貢献。アドバイザー養成研修も構築・提供。

 

集客・運営プロデュースの経験をSNS利用に活かし、集客や告知を運営。最終的に実就職率アップに貢献。

 


現在の活動内容

 


メッセージ

はじめまして。本日は、平野亜希オフィシャルサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は小学生の頃には自分の足でしっかり立つことを決心していました。それは、長子ということが影響しています。高校受験失敗という大きな挫折がきっかけに、所詮、人はひとりという考えがさらに強くなり、必死で学び、毎日を過ごしました。大人に理解されない言動を起こしていた私に2年間、担任の先生が向き合ってくれました。

 

私の表面的な態度で評価せず、恩師の「先を見据えた選択肢を与える指導法」に素直になって行きました。結果、第一希望の短期大学に推薦入学ができ、図書館で講座映像や文献を読み漁ったり、他の学科の講義を受けるなど「学ぶことの楽しさ」を味わいました。

 

その後、銀行にも推薦入社でき、生きていく中でかけがえのないお金について幅広く知識や経験、使い方を学ぶことができました。

 

恩師との交流や銀行員時代・転職後の人事採用教育の経験で、人が生きていく中で大切な『お金、人、モノ』だけでなく『気持ちや時間』の良質な生き方を軸とする現在の活動の礎ができました。

 

『人は未完だからこそ可能性が無限大』という意識を持ち、私自身は『学ぶことを継続する』ことを大切にしております。

 

話し方や伝え方だけに留まらず、男女の心理学・脳科学、マインド(考え方)、本質とは何か、あらゆる文献や著書を読み続け、交流を図り、知識・経験を積むことを続けております。

 

講師の仕事をいただければ伝わり方を意識した伝え方・話し方、感情に寄り添える心を通わせる言葉や所作の技術を磨き、信頼を得られるよう身だしなみや言葉の使い方や声の出し方、メイクや姿勢のトレーニングを受けるなど、講座やセミナーを数多く拝聴し学びの日々を送り続けております。

 

マネーセミナー講師養成講座受験を提供していただいたり、集客・運営プロデューサーの機会をいただいたり、採用教育担当時代の合同説明会開催経験と採用者としての経験を活かした研修やセミナー・講座や育成研修・仕組みづくりのご相談をいただくなど、独立後のモチベーションだけでなく交流による人間力の幅を広げ、高める姿勢にご支援をいただいております。

 

会社員時代は決して順風満帆ではありませんでしたが人の感情が露わになる状況に接する機会を多く経験できたと思っております。この経験は現在の私の強みのひとつになっています。

 

20代後半から男性上司のパワハラ、30代に入り女性管理職時代でも男性上司や女性同僚・後輩によるパワハラやモラハラ、営業報酬などの未払いも経験しました。

 

プライベートでは、20代半ばに左胸に腫瘍を発見し、誰にも相談することなく診断結果が出るまでの1週間は死と深く深く向き合いました。この経験は「今日が最後の日だと思い、精一杯生きよう」というスイッチが入ったきっかけでした。それは現在でも変わりません。出会った方によって私から「力強さ」を感じられる場合があるようですが、この経験が影響しているように思っております。

 

30代で離婚をいたしましたが、仕事、住居の安定まで2年が必要でした。安定が見込めたとき、最愛の祖父の癌が発覚し、たった3ヶ月でしたが闘病生活も経験しました。死にいく祖父とのかけがえのない日々の中で、食事や会話などを通し、祖父の「生きることに諦めない」を通して、「本当の幸せや生きるということ」を真摯に向き合い、受け止めるきっかけになりました。

 

看病する家族だけでなく、死と隣り合わせの患者さんの気持ち、セクハラやモラハラの経験と女性の社会活躍時のメンタル、家族やパートナーのメンタルや考え方を経験することで、「心理学以上のさまざまな人の感情に寄り添う」を取り入れた現在の活動のきっかけに繋がりました。

 

会社員時代の「若者に寄り添える活動」をさらに特化し、内容を濃くべく、2017年1月に開業届を提出し独立。

 

2017年夏の出会いで会社員時代からこだわっていた「お客様が体験する結果への責任」と「私が提供しているクオリティに合う人を引き寄せる」想いが叶いつつある日々を過ごす日々を過ごしました。

 

現在は、「若者が生きていく上で必要な支援」を中心に活動を進めております。

 

ヘレンケラー氏の指導者であったアンサリヴァン氏が私の理想像です。若者が得る知識が愛であり光であり未来を見通す力になると信じて活動しております。

 

私が大切にしている想いはこちら公式サイトのブログで公開しております。今、ご覧になっておられるあなたとご縁がありましたら心から嬉しく思っております。貴重なお時間でここまでお読みいただき心より御礼申し上げます。

 

 

平野亜希
2018年 5月25日

 

お問い合わせはこちらにお願いいたします。

 

SNS配信もしております。