SNSにアップしないのは、大切なモノが存在しているから。

 

 

2018年3月現在、イベントプロデュース、教育機関様、企業様で活動しておりますが、すべてをSNSで配信しているわけではありません。

 

 

もちろん、締結している契約、守秘義務の誓約書に署名捺印をしているという理由もありますが、SNS時代だからこそ、良しと思わない、違和感を覚えたり、気分を害される方々がいらっしゃるからです。

 

 

ご要望であって双方承諾の上であってもSNSで発信する場合でも、やはり、「配信範囲」をかなり意識しています。これもやはり、記事をご覧いただいている方々に重きを置いているのもなり意識しているのもあります。

 

 

特に、私のSNSは、現在は以下の方々向けに配信しています。

  • 教育機関様
  • 法人様
  • 若い年齢層の方(特に学生さん)

 

 

意識しているのは、主として次の通りです。

  • ビジネスマナー(服装、髪型、身だしなみ、言葉遣い)
  • 年齢によるSNSの意識、モラル、礼儀
  • 仕事のクオリティ
  • 知識や研究・分析
  • 心のあり方
  • SNS慣れ、SNSしないの双方の視点
  • 伝わり方

 

 

私自身、SNS発信をスタートしてその世界を知りました。感じたことは2つありました。

  1. 逐一、売上金額や契約などにまつわる発信。そして伝わり方、感じ方。
  2. 若者が大人たちに言われて疑問に思っていたり置かれている立場の視点に立って、解説し、考え方の軸を変えるトレーニングに繋げる必要性。※以前、こんな記事を書きました。遅刻、欠勤連絡をLINEでしてくる人に効果的な伝え方。

 

 

感じたことは、SNSの世界の中だけではありません。
話しをしている人そっちのけでふらふら歩き始めて写真を撮っている姿にTPOに対する違和感を感じたり、ご自身のことではなく特定の方の話しをオープンにしたり茶化していたり。

 

 

この違和感や緩み感は、SNS時代だからこそ、今もSNSから離れている理由やSNSに対する立ち位置もしっかりお伺いし、何ができるのか、どう繋げていくのか、どうあるか、大切なものだと思っています。

 

 

SNSという手軽だからこそ、掲載のご依頼をいただいても、掲載範囲をお伺いするなど、お相手の方に「細かい」と思われているのではないかと気になることもあります。

 

 

もちろん、こちらから掲載承諾をさせていただく場合もです。

 

 

でも、私が口にすることで、SNSで見せてない部分も伝わる人には伝わるし、安心して大切なモノを大切にしてSNSで発信すればいいということ。

 

 

SNSの扱い方も私次第。どう伝わるか、どう伝えるか。

 

 

まだまだできないことだらけではありますが、信念や大切にしていることが届いて欲しい人に届くを目指して、守ること、貫くこと、大切にしていくこと、そして、何に時間と手間をかけているのか。誠実に丁寧に、を続けています。