かっこいい文章ではなく、売れる文章を書く人になろう。

 

伝えたい!教えたい!の度が過ぎると難しい専門用語を並べたり、私!俺!の中心の文章が並び、自己満足度の高い文章が出来上がります。ビジネス文章で重要なのは、業種、業態、目的で売りたいモノが違っていても売れるようになる「売れる文章を書く」ことです。この記事では売れる文章を書くポイントやコツをお届けしています。

文章でコミュニケーションを交わす

売れる文章の多くは、コミュニケーションを交わしているように感じさせています。業種、業態、目的で売りたいモノが違っていても売れるようになります。

 

たとえば、読書感想文や作文。履歴書、エントリーシート、インターンシップ。商品を売り込む営業メール、広告やチラシ、プレゼンやテキスト、ブログ、LPやセールスレター、ホームページ、商品PRや説明。恋愛では、婚活(会話、プロフィール、チャットのやりとり)など。

 

読み手を置いてけぼりにしまいがちな『ひとりよがりな文章』では、コミュニケーション不足を感じ、どれだけ価値ある商品やサービスであっても「この人からは買いたくない」結果になってしまいます。

 

文章で接遇をします

売れる文章は、書かないルールを決めるだけで書けるようになります。
たとえば、

1,伝えたがる、教えたがるで書かない
2,専門用語、略語で書かない
3,解決できないままにしない
4,情報を公開しないままにしない
5,感情に任せて書かない
6,曖昧な言葉を使わない

 

ターゲットの悩みに寄り添い、解決策の提供、理解できるシンプルな言葉、誤解しない表示、レイアウトなど「ターゲットの視点で書く」ことに、さらに二歩三歩先のことを書き添えることで売れます。

・お客様が欲しい商品を、お客様と出会わせ、お客様に安心して購入いただく
・ご意見をラブレターととらえ、お申し込みにつなげる文章を書いて、安心と期待で購入いただく

 

どれだけブログやLP(ランディングページ)を書き続けても、売れない人に一番多いのは「自分の気持ちが強すぎ」ます。普段からお客様の声にアンテナを持たず、自分の思い通りにお客様が購入しなかったり、フォロー数やアクセス数の伸び悩みにクローズアップしており、感覚で書いてしまい、人を傷つける言葉を使いがちになるのが特徴です。

 

集客の導線づくりができる文章を書く

文章の向こう側の人に希望を与えなかったり、目に見えないことやわからないことを書かないのはプロ失格です。

 

傷つける文章や圧を感じさせる文章、理解できてあたりまえの文章ではなく、お客様の目線に立って二歩三歩先のことや見えない箇所も書き添えると購入後の安心につながります。
たとえば、

・大丈夫は使わず、根拠を具体的に書き添える
・お預かりしたメールアドレスの使用範囲
・キャンセルポリシー
・選ばなかったときの注意事項
・価格違いによるサービスなどの違い
・同じ意味でもお客様に合わせた文章や言葉を使う

 

たとえば、『復習』は次のような言葉に変換できます。

・おさらい
・再確認
・もう一度
・学び直す

 

売れる文章の構成は、売りたいモノからの逆算思考とターゲットの悩みへの寄り添い(共感)です。

▽ 売りたいモノ(ゴール)を決める+共感(SEO、非SEO)
▽ ゴールまでの道のり(経路)を書く+共感(SEO、非SEO)
▽ 道のりのスタートラインを書く(PREP法)+共感(SEO、非SEO)

 

アクセスアップや集客アップを目的としたSEOを調べるには、『ターゲットが何に悩んでいるのかというアンテナ(検索力)』が不可欠ですから、いかに普段のコミュニケーションが鍵になります。

 

●ホームページ制作でも集客と申込アップの導線づくりが重要です

【大手や個人に関係ない】重要なのは、集客と運営に困らないシステムを作るスキルです。

 

文章を読んでもらうためには、検索者の心理と読みたくなるタイトル

一瞬でつかむ秘訣。それは、検索者の心理を汲み取るチカラと伝えたい!教えたい!という気持ちを検索者の視点の文章変換力です。

 

どれだけ売れる文章を書いても、解決したくて検索している人の目に留まらなくては売れません。

 

SEO以上に重要なのは、ホームページや営業レターやメールも相手に渡れば、あなたの代わりに「24時間365日もうひとりの自分として営業してくれる存在」「売上に直結する」ということ。だから、検索者の心理を汲み取るチカラと伝えたい!教えたい!という気持ちを検索者の視点の文章変換力が必要なのです。

 

小さな成功が積み重なります

売れはじめてくるときにはポツリポツリと小さな結果が出てきます。

・集客数、集客率アップ
・申込数、申込率アップ
・売上額、売上率アップ
・運営のしやすさ
・リピート利用数、リピート利用率アップ

 

次にご利用いただいたお客様の言葉が拾えるようになり、反映できるようになります。

・ターゲットに伝わりやすい表現
・導線の作り方
・SNSに合ったバナー
・キャッチコピー

検証し、改善、実践を繰り返すともっと売上が伸びる結果になります。

 

「本当のことを書きたい」の「本当」がズレていることもあります。大切なのは、文章の向こう側にいるターゲットに安心して夢を描いてもらうこと、実際に叶えることです。

 

売れる文章が書ける人の共通点は、自分の購入したときや体験したときの気持ちを大切にしていますね。

 

ターゲットから大切にされている気持ちを引き出せられるとメールビジネスが可能になります。

 

自分に「何をどう投資をしているか」が影響します

売れる文章、事務局代行やお得意様カスタマーサポート代行での「メールビジネス」でクオリティの高い文章が書けるのは、自分の『消費者目線、心理を大切にしていることが影響』します。

 

モチベーションアップや応対力を身につける方法として、常に自分の「お金をどう使って、何を得て、お客様の未来につなげるか」を考えて行動(体験)するかが見えてきます。『上質なサービスを受けたいなら、上質な客になれる努力』をしているか。高いクオリティのサービスや応対に相応の対価を支払って経験する。大切なポリシーの「お客様が体験する結果への責任」をいかに感じるか、共有するかです。

 

常にハイレベルの応対を経験するために時間やお金を使い、出会ったスタッフひとりひとりの心に触れることで自分のレベルを上げることも目指すことが必須です。お客様の時間やお金の扱い方が鑑になりますし、毎日毎回が鍛錬のひとつになります。この投資が求められ結果になります。

 

増加したメールビジネスに素早く反応できました

売れる文章が書けると多様化したビジネスに素早く反応でき、タイミングを逃しません。

 

現代は、トラブルを招きやすい電話よりも、メールを使うと丁寧に誠実な文章を作成できる時間ができやすいので、お相手を未来に向けやすくなることをご存知の経営層が増えています(距離を置きたい方も未来に向けやすくなります)ため、メールビジネスに重点を置いている法人も増えてきました。

 

24時間365日フォームに入力できますし、電話や郵便物に比べ、良識ある人もすぐに見極められるのでお問合せ窓口を『まずメール』にするメリットが大きい時代になりました。

 

法人規模によっては、経営者や社長が目を通している場合は、電話とメールの強みと弱みを考え、文章でコミュニケーションを交わせられるとわかると、メールビジネスも可能になってきました。

 

実際に、リモート秘書としてお引き受けすることが多くなりました。
ご依頼のビジネスの一部は、

1,営業メール
2,法人オファーメール
3,心因的な強度の高いお客様からのメール
4,売上の高い顧客様からのメール

 

売れる文章は、業種、業態、目的で売りたいモノが違っていても売れるようになります。ぜひ、あなたの商品やサービスに合った売れる文章を書いてどんどん売上アップしてください。

 

●参考記事

大手の事務代行と個人の事務代行の違い