好きな時に好きな場所で仕事ができるようになるということ。

 

 

愛する祖父が入院した。

予定より長くなった入院生活の面会時間が終わりに近づくと、祖父は私にあれこれお願いしてくる。

私が帰り際、祖父は「昨日の夜は怖い夢を見たから寝られないかも。」なんて言い出す。

もぉ、私も寂しいのに。

 

 

 

「大丈夫。怖い夢見ませんように。」

おでこにキスをして、笑顔にする。

 

 

 

じゃあね、と扉を閉める。

手に洗濯物と鞄。タクシーを横目にバスに乗る。

スマホを触るのがちょっとした息抜き。

今、すごく夢中になっている人の文章を読んでいる。

いつもは、今日も元気にしてもらおう、と読むのに。

 

 

 

今日は違った。

 

 

 

次の日。

 

 

いつも、花を買うときは3本だけど、

今日は、1本増やして4本にして病室に向かった。

「ちょっと奮発したな。どっかを削らないと。」

 

 

 

ううん。違う。削るんじゃない。生み出すんだ。私の力で。

 

 

 

そして、その日の面会時間が終わりに近づいた頃、

祖父は、あいかわらず、私に甘えてきた。

でも、今日の私は少し “変わっていた” 。

 

 

 

花瓶の4本の花を2本だけもらいながら、

祖父に笑顔を見せながら伝える。

 

 

 

「この花、2本もらうね。同じ想いを共有しようね。私も寂しいよ。でも、おじいちゃんと一緒に頑張ってるからね。」

 

 

 

 

 

 

どんな環境でも、どんな状況でも、どこに居てもあなたが笑顔にしたい人を笑顔に出来る方法がある。

 

 

『文章には人生を変える力がある』

 

 

著者の経験と思いがあるからこそ書ける文章。

その思いは「幸せにすることを諦めない。」。

 

 

あなたの人生であなたは何がやりたいですか?

今、それをやらない理由は何ですか?

 

 

夫の転勤で定職に就けない。

場所が変わっても、できることがあるとしたら?

 

 

1年後に本を出したい。

それなら、今日から何をやるのか。

 

 

1年後に起業したい。

それなら、今日から1年間で何をやるのか。

 

 

月5万円稼げる専業主婦になりたい。

それなら、今から何をやるのか。

 

 

将来、出会う人のために、

あなたのために、

あなたの家族のために、

今日から技術やノウハウを学ぶ。

 

 

努力する。続ける。結果を引き寄せることができる。

 

 

10年間の想いと10年間の経験を、あと何年かけて準備しますか?

それを、ズレのないように最短で準備しませんか?

 

 

あなたのその「想い、経験」を届けたい人に届けましょう。

あなたに合った方法で。

そして、受け取ってくれた人が笑顔で幸せになって得た収入であなたも幸せになりましょう。

この流れを最短で手に入れましょう。

 

 

5年後、10年後も続く、あなたの想いを届け続けませんか?