遅刻、欠勤連絡をLINEでしてくる人に効果的な伝え方。

 

こんにちは!
学生さん向け『本気で夢を叶える職場の内定を勝ち取る講座』主宰の平野亜希です。

 

 

学校法人さまと企業さまでの打合せの際に共通した話題になりました。

 

 

それは、学生さんや新入社員さんが遅刻や欠勤連絡をLINEでしてくることでした。

 

 

この話題は、私が記憶をする限り、5年以上前から耳にしていると思います。

 

 

お話しをするお相手が経営に近いポジションの方は私に意見をお尋ねくださることが多くあります。

 

 

話しの内容がとても繊細ながらも、とても気遣いがあり、根底が人間が大好き、というのが伝わってきて、意見をお尋ねいただけることに感謝しながら、とてもわくわくしながら、3分程度お時間をいただくことを申してから、意見を述べております。

 

 

『考え方』や『視点』を『軸』に沿って答える。つまり、学生さんや新入社員さんが、LINEで連絡をしてくる『背景』をお伝えしております。

 

 

現 学生さんや新入社員さんが学生時代は、就活という、夢を叶えるため、内定を勝ち取る際に、いかなる情報もメール、LINEなどのSNSやアプリで受け取って、状況報告をLINEやアプリなどでしていることも多くあります。

 

 

残念ながら、力及ばず、不採用の連絡もLINE、アプリ、メールで受け取ることが多くあります。

 

 

人生において、受験も大きなイベントですし、小中高大の受験勉強も、日々のイベントの積み重ねです。もちろん、就活、採用試験もです。

 

 

私たち社会人の先輩の採用通知はどのように届きましたか?

 

 

私は転職経験があるので、メールで受け取ったこともあります。

 

 

初めての就職先は学校推薦だったこともありますが内定連絡は電話と書状、短大からのさまざまな書類、内定先からもさまざまな書類がA4やB4の封筒で届きました。

 

 

私は、出身が秘書専攻なので、ある程度、一般常識というか、基礎基本が学生時代からあったかもしれませんし、現在もアナログでの交流が多いため、お会いすることが最重要で電話を掛けることが重要で同じように書状も重要でメールはとりいそぎの報連相ツールという認識です。

 

 

現代も、この認識でズレはあまりないように感じております。なので、メールをするときは前後どちらかに付け加えた行動、つまり電話をする、という認識で咎められることはありません。

 

 

LINE、アプリ、メールのみで『既読が付いたから伝えた』『送ったから伝えた』と、おっしゃる方に出会うこともございます。

 

 

それは、今回お伝えしたい記事の認識が大半か、もしくは、忙しいあまりの発言、いずれかのようにお見受けします。

 

 

学生だけでなく、私たち社会人の先輩の間でも起こり得ることです。

 

 

話しを戻し、現在、学生さんが内定辞退をする場合は、電話をし、来訪を申し出て、お詫び状を出す。と指導しています。指導に、メールは入れておりません。

 

 

ここまで指導している理由は2つあります。

 

 

学生さんの長い人生を考えると、学生さんが後ろめたさを引きずりながら働く、学生さんの人生で『転職』があったときに、選択肢を広げておく、もうひとつは、社会に出て行く前に、社会での行動や意識に重きを置いてもらい、知ってもらうこと、学んでもらうこと、実体験してもらうため、です。

 

 

話しを戻しまして、最重要や重要の認識を持った私たち大人と、不採用通知や就活連絡が、すべて、アプリ、LINE、メールの学生時代を過ごしてきた新入社員さんとは、認識の基本がそもそも違う。ということです。

 

 

学生さん、新入社員さん自身の可能性やこれから彼らが関わっていく、先輩方との認識を近づけておくために、彼らの視点での指導も必要と考えます。

 

 

経験上、この説明をして、理解を示し、順応できる学生さんや新入社員さんは多く、そして、自主性も含め、伸びていくので、効果が早く見込めやすい法、と位置づけております。

 

 

しかし、理解を示すことができない場合もあります。その場合は、視点を広げて説明しています。

 

 

どのように社会・働く職場でやっていきたいか。

 

 

多く使うのが年を重ねるメリットとデメリット攻略法です。時間がかかる場合もありますが、答えは、行動でみえてきます。たとえば、理解を示す証拠として質問が多くなったり、もう一度、接触を試みてきたり。

 

 

そして、学生さんや新入社員さんを「育てる」「期待する」という目線と、ゆっくりとした口調で、お話ししていただくとさらに理解力が増しやすいことです。

 

 

この記事は、学生さんや新入社員さんご自身たちが、読んでいただいても、ヒントのひとつになると思います。

 

 

私の考えですが、学生さんや新入社員さんの『連絡をする』という行動に気づき、褒めることができることで若いチカラは育ちます。私たちの使命のひとつだと思います。

 

 

約束すっぽかして、謝ることもしない大人もいるんですから。